「呪いの仮面」がある理由

「呪いの仮面」がある理由

「呪いの仮面」は何のために作られる?

 

さて、ここまで読んで、「では『呪いの仮面』は一体何のために作られるんだ?」という疑問をお持ちになったかもしれません。

 

確かに、これだけいろいろ問題があるのに、何でそんなものを作ってしまうのか?

 

それはもっともな疑問です。

 

この疑問に対しては、明確な答えがあります。それは、「自分の心が二度と傷つかないように守るため」です。

 

婚活や恋愛において、相手への期待は、傷つく怖れと隣り合わせです。

 

ですから、相手と距離をとって期待しないようにしたり、あるいは婚活の失敗や恋愛そのものを避けて、裹切られて傷つくことから自分自身を守っているのです。

 

仮面は、育った環境と本人の持って生まれた資質によって作られます。

 

親がすぐにヒステリックになる家庭で育っても、姉が「怒らない人」つまり『自己犠牲タイプ』になり、妹は親にしっかり対抗してガンガン感情をぶつける『依存タイプ』になるということもあるのです。

 

仮面はあなたを守るためにある

 

1つだけ確実に言えることがあります。

 

それは、本人の心の中で「これは絶対イヤ!」と感じた部分を守るように仮面ができるということです。

 

姉が「怒らない人」になったとしたら、姉にとっては、自分が怒ることで相手に嫌われること、つまり「親のようにヒステリックになること」が「絶対にイヤ」だったわけですし、妹がガンガン感情をぶつけるタイプになったとしたら、妹にとっては、お姉ちゃんみたいに我慢してみじめな思いをするのが「絶対にイヤ」だったわけです。

 

同じ親に育てられても、むしろ姉妹(兄妹・姉弟)で違う仮面をかぶることが多いのです。

 

「呪いの仮面」の外し方は後述しますが、どんな仮面であっても「本当のあなたが傷つかないように守るためにある」ということを理解しておいてください。

 

もちろん、子ども時代には役立っていたけれど、今は不要になっている仮面や、時と場合を選んで使えばいいのに、外せなくて困ってしまう仮面もあります。

 

しかし、それらの仮面だって、あなたを守ろうとしてくれているわけです。無理やり外そうとしてもうまくいかない理由を何となく感じてもらえたでしょうか?