「女神タイプ」陽子の物語

「女神タイプ」陽子の物語

【呪いの仮面】……なし「陽子」

 

「ごめん。最近仕事が忙しくて」

 

二回連続のデートキャンセルで、浩一は電話の向こうですまなそうに謝っている。

 

「ううん。いいよ。浩ちゃんいつもお仕事がんばってるもんね。やっとチャンスがめぐってきたんだね。私もうれしいよ」

 

「そうか。そう言ってくれるとうれしいなあ。今は勝負どころなんだよ」

 

「うん。でもね。私にとっては浩ちゃんが元気の素だから。今度時間ができたら、ちょっとでいいから会ってくれる? それまでは待ってるから」

 

「ありがとう」

 

(そうか。職場でも必要とされているけど、陽子にも必要とされているんだな……)

 

陽子はこれまでも、浩一の好意を全身で受け止め、感謝して喜んできた。

 

いつも、「あなたが必要」「あなたが好き」というメッセージを言葉や笑顔で伝え続けてきた。

 

陽子の恋愛必勝の秘訣は、「傷つくことを怖れず、まず自分から相手に愛情を向ける」ことだった。

 

そうすることで、結果的に相手が自分に近づきたくなるのだ。

 

これはテクニックというより、勇気を出して全身で飛び込む感じだ。

 

相手に追わせようという意図はなかったし、必要があれば、ちゃんと自分から「距離を半歩詰めて」関係を維持してきた。

 

半月後

 

「陽子。今度の週末、少し休めそうなんだ。疲れてるから、あんまりいろいろできないと思うけど、会ってくれないかな?」

 

「うん。やった! 浩ちゃんと一緒にいられたらそれだけでうれしい」

 

電話でも、うれしいことが十分に伝わる明るい返事だった。

 

その週末、流行りのデートスポットに現れたふたりは、まるで幸せ色の空気に包まれたように、心から楽しそうだった。

 

女性の影

 

陽子は、最近不安に思っている。

 

浩一は確かに、陽子のことを大切に思ってくれている。

 

でも、何か胸騒ぎがするのだ。

 

その理由の一つは、今まで陽子以外とは携帯メールをしなかった浩一が、誰かとメールしていること。

 

先日たまたま置いてある携帯にメールが着信した瞬間、女性の名前が表示されたのを見てしまったのだ。

 

(浩ちゃんに限ってまさかね……。でも……)

 

陽子は不安だったが、結局自分にできることは、浩一と一緒にいる時間を楽しいものにすることだけだと割り切って、今まで通り振る舞うことにした。

 

実は、浩一は最近メールをやりとりしている女性、メグミに少し気を引かれていた。

 

陽子の女の勘は当たっていたのだ。

 

メグミはとてもかわいい女性だった。

 

くりくりっとした瞳。

 

小柄で元気な女の子だ。

 

メグミも浩一のことが好きだった。

 

メグミはしかし、待てなかった。

 

浩一が陽子と仲良くしていることを想像すると、頭の中がカアツとなって、いても立ってもいられなくなる。

 

ついに、やってはいけないと思いながら、浩一にメールで脅しをかけてしまった。

 

「浩ちゃんが、その彼女と別れてくれないのなら、私たちの仲をばらすよ!」

 

浩一は、このメールで目が覚めた。

 

(確かにメグミはかわいい。でも、こういう嫉妬深い女の子とつき合ったら苦労するに違いない)

 

そう思った途端、メグミヘの気持ちがすっかり冷めてしまった。

 

ちょっとした冒険を楽しんだけれど、やっぱり陽子の元に戻ることにした。

 

そして、この小さな試練が終わった次の週末。楽しそうなふたりがいた。

 

「浩ちゃんは、私と一緒にいるとき、本当に楽しそうだね」

 

「え? そうだな。確かに楽しいよ」

 

きっとこのふたりは、この先も幸せな気持ちで過ごすだろう……。

 

「女神タイプ」の解説

 

陽子には「呪いの仮面」がありません。

 

ですから、自分本位になることもなく、相手に無理して合わせることもなく、いつもお互いが心地よく過ごせるような行動を選択することができます。

 

男性は、「自分が彼女の役に立っていない」、あるいは「自分のせいで彼女を不幸にしてしまった」と感じることに耐えられません。

 

そのあたりをよく理解している陽子は、彼がデートのキャンセルをしてきたときでも、できるだけネガティブな反応をしないようにしています。

 

もしもここで不機嫌な態度をとってしまうと、彼は「俺はこの子を幸せにする力がない」と自分を責め、自信を失うことになります。

 

ですから、こういう場面では陽子のように淡々と振る舞い、男性に感情的な負担をあまりかけない女性が愛されるのです。

 

もちろん、陽子は嫌われないために我慢しているのではなく、「浩一の幸せも自分の幸せ」と心から感じて、そうしているのです。

 

喜びの感情も、陽子は生き生きと表現しています。

 

これも愛される秘訣です。

 

男性は、「自分はこの女性を喜ばせられる。幸せにできる」と思うとやる気が出てきます。

 

男性は、物質的な負担には強いのです。

 

ですから、男性から、食事をご馳走されたり、プレゼントなどを贈られたりしたら、喜んで受け取ればよいのです。

 

「呪いの仮面」を外して、陽子のように上手に男性を支えることができると、ずっと大切にされる女神のような存在になれるのです。