理想が高い

理想が高い

理想が高い

 

つき合う相手に求める条件は何ですか?

 

優しい、思いやりがある、頼もしい、ユーモアがある。

 

もしかすると外見的なことや、職業、収入なども条件に入るかもしれません。

 

あるいは、自分の母親とうまくやってくれるかどうかや、長男以外という条件をつけたい人もいるかもしれません。

 

理想が高すぎると恋人ができない、あるいは結婚できないという話はよく聞きます。

 

そして、一番大事な条件だけ残して、後は目をつぶりましょうというアドバイスもよく聞きますね。

 

ところが、このタイプの人はこう思っています。

 

「妥協しても後悔するだけだ」と。

 

しかし、ここでちょっとショッキングなお知らせをしなければいけません。

 

実は、自分に自信がない人ほど条件が多くなるのです。

 

たとえば、自分に稼ぐ自信がないと、経済的に安定している人を求めざるを得ない、というように。

 

つまり、相手に対する理想が高いということは、その分だけ一方的に相手に頼りたいと言っているのと同じなのです。

 

条件に合う人を探すのではなく、自分を見つめよう

 

人は誰でも、素敵な部分と情けない部分と両方持っていますから、あなたの中にも自信がない部分や相手に頼りたい気持ちがあって全然構わないのです。

 

それを補ってくれるパートナーを求めてもよいのです。

 

しかし、白馬に乗った王子様のような完璧な相手が現れるという幻想を持っていると、パートナーがなかなかできません。

 

そして、仮にもし現れたとしても、恋愛初期のラブラブの時期を過ぎ、少し冷静になった頃には少しずつ問題が見えてきます。

 

そうなると、今度はその状況から自分を救ってくれる別の王子様が必要になってしまうのです!

 

どんな人にも、ちょうど合う相手がいるものです。

 

あなたの欠点は相手に補ってもらい、相手の欠点はあなたが上手に補ってあげれば、それでよいのです。

 

例えば、ある人とその奥さんは、時間の感覚が大きく違います。

 

その人はスケジュールを立てて計画的に行動するのが比較的苦手なのです。

 

仕事で人にあう約束は夜九時なのに、朝九時に電話を待っていて「おかしいな?」と思っていたことが何度もあるそうです。

 

必ず早い方に間違えるので、まだ救いがあると言っていますが(笑)

 

逆に奥さんは計画的で、その人に恥をかかせないよう、「今日は夜九時に人に会う約束があるんだっけ?」と質問の形でそっとサポートしてくれるそうです。

 

一方その人は計画することが苦手な分、今に集中し、今を楽しむのが得意です。

 

遊びの計画が突然変更になったときもまったく動じることはありません。

 

変更になった結果、「おもしろくなってきたな」と思わぬ収穫を得ることを楽しんでいます。

 

このように、相手に一方的に補ってもらうのではなく、上手に補い合うことが大切です。

 

ですから、もしも相手に対して高い理想を持ってしまうとしたら、そういう相手を探し求めるのではなく、逆に自分に自信がないのかもしれない」と考えて、自分を見つめるきっかけにしてみてください。

 

ポイント

 

  • 恋愛に関しては、「理想が高い」のは「自信がない」「相手に頼りたい」の裏返しです。一度自分を見つめるきっかけにしてみてください。